best news for foreign divers

日本人ダイバーにとってのベストニュース♪

昨年一旦発表があり、12月からの予定だったものの、急遽オミクロン株の発生のため延期されていた、外国人観光客受け入れがいよいよ2月10日から開始されるとの発表が1月28日にフィリピン政府からありました。


外国人のフィリピン入国要件が2月3日に一部追加されました。
1月28日公開記事に、一部修正・2月10日に再度投稿しました。


発表されたポイント

  • 2月1日から今まで実施されていた感染状況による国別色分け(レッド、イエロー、グリーン)を一旦無くして、すべての国からの入国するフィリピン人、有効なビザを持つ外国人の入国後の強制施設隔離を無くす
  • 2月10日からビザが必要とされていない国(日本を含む)からのワクチン接種が完了している渡航者の入国を許可する。
  • 入国時に必要なものは、6か月以上の有効期間の残があるパスポート、出発前24時間以内のRT-PCRテストによる陰性証明書、帰国時の航空券、ワクチン接種完了証明書。
  • 入国時に必要なものは、6か月以上の有効期間の残があるパスポート、出発前24時間以内のRT-PCRテストによる陰性証明書、フィリピン到着日から30日以内にフィリピンから帰国・出国するための航空券、ワクチン接種完了証明書、信頼できる保険会社による、フィリピン国内滞在中の新型コロナウイルス感染症治療のための海外旅行保険(最低補償額3万5,000米ドル)への加入など

考慮しなければならない問題点など

  • 入国日を含む7日間の「セルフモニタリング」が課せられます。
    内容についてはLGU (地方自治体組織)毎にレギュレーションが異なる場合があります。
    プエルトガレラについては、現在確認中です。わかり次第こちらに追記します。期間中はダイビングが禁止とかだと困りますもんね。
    プエルトガレラについては、特別な規制はありません。
    セルフモニタリング中に新型コロナウィルスに感染したかもしれない症状が有ったら、直ちにLGUに届けることが義務付けられています。
  • 日本への帰国時に隔離があります。
    3日間の施設待機+入国後7日目までの自宅待機
  • 航空券が高騰しています。
    セブパシフィックでも3月の安い日程で往復¥124,000から
    4月中旬ごろからは、普段のLCC価格に戻ります。GWも、日程を選べば往復で¥53,500とかもあります。
  • 日本へ帰国時に出発72時間以内前の検査陰性証明書が必要になります。マニラで検査を受ける場合は、現地滞在時間がその分短くなります。

うみくらぶフィリピンでは、今後もフィリピンへの入国についてのご案内を継続してお知らせしていきます。

お問い合わせ、ご予約のご相談など大歓迎♪

うみくらぶフィリピンでは、現在LLVにデポジットを預けていらっしゃるお客様に、再予約・日程変更に関して順次ご連絡をさせていただきます。

(2022年4月19日まで、栗原は一時帰国中です)

栗原日本携帯:090-2565-3684

メール:kenkurihara@umiclub1997.com


お見積もり・ご予約・ご質問はメールフォーム or お電話でお気軽に。




6/13~7/21、9/11~10/1 の期間は、日本でのツアー引率の為、栗原は現地(フィリピン)不在となります。