全てのダイブサイトはリゾートから数分!

ミンドロ島の北東に突き出たプエルトガレラ半島は複雑な海岸線を持ち、周辺には30を超えるダイビングポイントがあります。

そして、ヴェルデ海峡に面していることから潮流が速く大物に遭遇するチャンスの多いポイントや、天然の良港としても利用された湾内で超レアものを探すマクロも楽しめます。

また、アニラオの対岸というロケーションなので、世界中からフォト派ダイバーが集まるプエルトガレラ。ウミウシや甲殻類にはじまりマクロからレアな被写体が充実しています。


プエルトガレラの海、お天気・水温・透明度は?

おおまかに表にしてみました。
ご参考にして下さい。

3月下旬~11月位水温28℃~30℃
透明度は良い時が多い
12月~3月中旬水温24℃~27℃
2月が一番水温が低い
透明度は1日の中でもどんどん変わります
3月~6月上旬水温29℃~30℃
プエルトガレラのベストシーズン。
風のない日が多く、海の中のコンディションも安定しています
6月中旬~9月位雨期と言われていますが…
朝夕に強い雨は降りますが、日中は概ね晴れています

1日のダイビングスケジュールは?

ご自分のペースや、その日の体調でフレキシブルに参加していただけます。
「ダイビングのスケジュール」は日中最大4ダイブまで、更にナイトダイビングも 年中可能 です。

8:00、10:30、13:30、15:30、ナイトダイビング となっております。

ダイブショップ内にグループ分けのボードがあります。スタッフに声をかけて、どの時間帯に潜りたいか伝えて下さい。

無減圧の潜水、翌日帰国する方はフライトまでの時間を充分に考慮してリクエストして下さい。


お好みのダイブスタイルをリクエストして下さい

ダイビングでは、日本人インストラクター又は現地人のダイブマスターが、ウミガメ、ロウニンアジなどの大物から、日本では見られない珍しいクマノミなど楽しくご案内します。

ご予約の際にリクエスト頂ければ、「じっくり撮影ダイビング」にも対応いたします。


⑫ Sabang Wrecks/サバンレック
プエルト ガレラ周辺で見つかる海洋生物のほとんどが生息するサバンレックは、おそらくプエルト ガレラで最も有名なダイビング スポットです。一見すると、3つの沈船はそれほど印象的ではありません。 1隻の小さな鋼製ヨットと、さまざまな段階で朽ち果てた 2隻の木造船。もっと近くで見てください。ツバメウオの群れ、たくさんの小さなスズメダイ、チョウチョウウオ、クロハギが泳いでいきます。沈船には、うまくカモフラージュされたカサゴやオコゼが多数生息しています。水中ライトで下を覗くと、巨大なウツボ、ミノカサゴ、カニ、エビのほか、日中はナマズやリスの群れが隠れているのが見つかります。ここでは、スターゲイザー、ヘビウナギ、ヒラメ、カエルウオ、ヨウジウオなどがよく見られます。優れたガイドがいれば、ニシキフウライウオ、カミソリウオ、オイランヨウジ、ホウボウ、砂に溶け込もうとするハダカハオコゼも見つかるかもしれません。また、ナイトダイビングにも最適で、あらゆる種類のイカ、イカ、胸鰓、扁形動物、ウツボなど夜行性の生き物が狩をしています。
⑮ Monkey Beach/モンキービーチ
サンゴの傾斜が 20 メートルまであるため、流れが流れているときを除いて、ダイビングは簡単です。ここではかなりのスピードを上げることができます。湾の真ん中に落ちた場合、高さ 18 メートルで横に傾いた沈船に遭遇する可能性が高くなります。多くのカエルウオ、特に黒いカエルウオがこの地域を住処としています。砂の中を見回すと、たくさんの小さな穴が見つかり、そのほとんどには恥ずかしがり屋のチンアナゴが生息しています。サンゴからサンゴへと砂の上を素早く走っている緑色のものが見えますか?おそらくモンハナシャコでしょう、ここではよく見かけるシャコです。小さなサンゴ礁の魚、ウミシダ、ウミウシがたくさんいます。
⑭ Sabang Point/サバンポイント
色とりどりのウミシダで飾られた原始的なハードコーラルが、この美しいサンゴ礁を非常に浅いところから 25 メートルまで覆っています。 20 メートルほど進むと、白い砂底に落ちるミニドロップに遭遇します。深いサンゴ礁には大きなムラサキウチワやムチサンゴが豊富に生息しています。この健全なサンゴ礁にはブダイ、フエダイ、クロハギ、モンガラカワハギなどのサンゴ礁の魚が豊富に生息していますが、天気の良い日にはイカやタコ、カメも見られます。ここでは、ウミウチワの上でピグミーシーホースがよく見られます。また、一部の砂地ではハナヒゲウツボが待ち構えています。サンゴ礁の端まで 25 メートル進むと、青いマダラエイがよく現れます。
⑳ Hole in the Wall/ホールインザウォール/HITW
水中の根の水深 12 メートルの所に空いた短いトンネルは、非常に美しく、時にはエキサイティングなダイビングを可能にします。流れが交わるエリアでは、ドラマー、コショウダイ、トラベリー、フエダイなどの魚が群がっているのが見られます。穴を通り抜ける際は、ミノカサゴやカサゴ、そして壁に生えているガヤに注意してください。彼らは刺すのです。中性浮力は必須です。壁の上部は色とりどりのソフトコーラルで覆われ、色とりどりの魚が集まっています。タコ、カエルウオ、カメ、ウミヘビ、何でも現れます。反対側には、ソフトコーラル、カイメン、アオキサンゴ、扇状地で覆われた別の壁があり、そこは多くのウツボやフグの隠れ場所であり、ムチカラマツの庭園全体が振動する平らな月のような風景に落ちます。流れの中で。これは非常に簡単なダイビングで、浮力を適切にコントロールできれば初心者でもダイビングできます。
<27> Kilima Steps/キリマ ステップス
キリマ ステップスでは、驚くべき水中地形が見られます。さまざまな棚や岩が高さ 8 メートルから 25 メートルまでの地形のような階段を作り出しています。ここでは、スリバチカイメン、ミドリエダサンゴ、さまざまな種類のハードコーラルを見つけることができます。ここの海洋生物は信じられないほど多様で、ダイバーはここでゆっくりと進むと、タコ、イカ、ウツボ、そして大きなウミウチワの中に隠れている驚くべきピグミーシーホースなどの信じられないほどの生き物を発見することができます。視線を上げ、後ろに下がって「広角」を眺めてみると、たくさんのクロハギ、あるいはほとんどの人が知っているように、ファインディング・ニモのドリに囲まれています。 2月中、プエルト ガレラでニタリ(オナガザメ)を目撃しました。キリマステップスは、ニタリを見つけるのに最適な場所です。
⑰ Dungon Wall/ドンゴンウォール
美しいハードコーラルとソフトコーラルの斜面から、高さ 12 メートルから 25 メートルまで続く美しいドロップオフがあります。壁にはたくさんの亀裂や隙間があり、そこにミノカサゴ、カサゴ、ハリセンボンが隠れています。この壁はウミウシやヒラムシが豊富に生息していることでも有名です。ウツボにも注目してください。白い目をしたり、白濁したウツボが多くこのエリアに留まっています。黒いウミシダが通常よりも大きく見えるのがわかりますか?たぶんカエルアンコウですね。寒い季節には、大きなカマスが壁の近くで休んでいるのがよく見られます。壁からさらに深く進むと、古い帆走双胴船の残骸に遭遇するでしょう。 2 つの船体の中には、ヨウジウオ、ミノカサゴ、フグやあらゆる種類の稚魚が隠れています。浅くなっていくと、ここでは大きなカーペットイソギンチャクがよく見られ、その多くにはクマノミだけでなくホシガニも生息しています。
<21> Canyons/キャニオンズ
プエルト ガレラで最高のドリフト ダイブの1つ。ホール・イン・ザ・ウォールの近くに立ち寄り、流れに沿って斜面をさらに深く進んでみましょう。そこでは、流れと3つの壮大な渓谷とサンゴ礁に覆われた壁と砂地があり、そこでひざまずいて休むことができます。大きな魚が頭上の流れとで戦っています。このポイントは全体的に深く、水深はすぐに-40m以上になります。そのため、キャニオンに到着したら、唯一の道は…浮上することです。ドラム、アジ、ツバメウオ、アジアコショウダイなどの群れ、そして大きなウミウチワが沢山生息しています。峡谷の中には、タコ、カサゴ、ウミヘビ、その他のサンゴ礁の魚がいます。3番目の最も深い峡谷 (30 m) の端には、岩に埋め込まれた古いスペイン製のアンカーがあります。ここでは時々、より大きな動物を見つけることができます。マンタ、ニタリ、ハンマーヘッドシャークはすべてここで見られています。ナイトロックスで潜るのが最適なこのポイントは、潮汐によって異なり、青い海を浮上し、青い海で安全停止することで終了します。
⑱ Wreck Point/レックポイント
この名前は、何年も前に台風でここに沈没した不運な大型船に由来しています。水面からでも静かに見え、わずか水深1メートルに生息しています。湾の浅い部分は素晴らしく、太陽の光を受けて雄大なテーブルサンゴが広がっています。その中には、見落とされがちな小さな魚もたくさん生息しています。目の周りに鮮やかな斑点を付けて警戒するメガネゴンベや、自然界ではめったに見られない虹色に輝く魚、ハナゴイやデバスズメダイなどがサンゴ礁の上に浮かんでいます。ところどころに巨大な脳サンゴが景観を乱しています。簡単なダイビングですが、流れが強くなる場合があるので、サンゴの斜面に沿って美しいダイビングを楽しめるように準備してください。
 Coral Garden/コーラルガーデン
コーラル ガーデンズは、シュノーケラーだけでなく初心者や写真家にも最適なダイビング スポットです。その名前からもわかるように、ビーチから 10 メートルまでの白い砂底に大きなサンゴの頭が点在する美しいダイビング スポットです。サンゴ頭、巨大な板サンゴ、スタッグホーンサンゴ、バレルスポンジの間には、アンテアス、ブダイ、曹長の大群、スズメダイ、チョウチョウウオ、エンゼルフィッシュなどのサンゴ礁の魚が豊富なソフトコーラルが見つかります。砂の中や露頭の下をよく見ると、ハゼ、トカゲ、エビ、カサゴ、ミノカサゴの幼体、そして時にはハタが見つかるでしょう。行く前に潮汐表をチェックしてください。これはとても簡単なダイビングですが、爽快なドリフトでもあります。
<26> Kimila Drift
キリマ ドリフトはキリマ ステップの続きです。それは魔法のようで、まるで2つの異なるポイントの様に2パターンのダイビングができます。水深約12m~約25mまでの地形なので、簡単な浅いダイビングとしても、深いドリフトダイビングとしても行うことができます。引き潮(満潮と干潮の間の海面が下がる時間帯)に潜るのが最適で、通常は午前中の時間が最適です。興味深い地形と栄養豊富な流れ、素晴らしい自然が育まれています。
<29> Turtle Rock
シナンディガンウォールの続きであるタートル ロックは、水深約45mの岩の形状からその名前が付けられ、テクニカル ダイビングが必要です。岩の上やその周囲には、ウミウチワやムチサンゴが見られ、コショウダイ、エンゼルフィッシュ、バラクーダ、アジなどの海洋生物が見られ、2月にはニタリ(オナガザメ)が現れることもあります。シナンディガン ウォールと同じように、引き潮のときに潜るのが最適です。
② Manila Channel/マニラチャネル
石の多いハードコーラルと小魚の群れが群がる水深5mの美しいサンゴ礁の上に、ハナダイ、チョウチョウウオ、スズメダイがいたるところにいます。サンゴ礁は砂地(-18m) に向けて傾斜しており、サンゴ礁のフチに沿って進んでいくと、満ち潮の際には流れに乗ってチャネル(水路)に進めます。引き潮の場合は、ポイントを逆に進むこともできます。有名な「ジャガイモサンゴ(コモンシコロサンゴ)」で覆われた小さな壁には、数匹の大きなハタが生息しています。壁には、大きな紫色のウミウチワやミドリエダサンゴもたくさんあります。壁を離れて水路に出ると、大きなスリバチカイメンやムチヤギが見つかり、近くで見ると共生エビが生息しているのが見つかります。砂地には、イイジマフクロウニやクサビライシ、派手な種類のコウイカ、ミノカサゴ、カサゴなどが豊富に生息しています。いくつかのオーバーハングもあり、ウミウシ、シャコ、そしてしばしば巨大なカエルアンコウが見られます。
<30> Coral Cove
優れたマクロ サイトであるコーラル コーブは、水深約20mのミニドロップオフで終わるスロープのサンゴ礁です。魚の隠れ場所となるオーバーハングもいくつかあります。ここでは、ハナヒゲウツボ、アオアカエイ、カエルアンコウ、イバラタツ、ウミウシ、イカ、ハマフエフキ、ヨウジウオ、オランウータンクラブなどが見つかります。水中植物には、ムチヤギやウミウチワなどが多く見られます。
<23> Horse Head
キャニオンズの隣に位置するポイント、ホース ヘッドの名前は、このポイントの地形に由来しています。水深-33mに馬の頭のように見える大きな岩があります。このポイントは満潮時(上げ潮時)が最適です。馬の頭は、魚の群れが渦を巻いて泳ぎ、捕食する姿が見られます。ここでは、ザトウクジラ、コショウダイ、ギンガメアジの群れが見られます。また、エイやイソマグロも時々見かけます。
Coral Garden
水族館の様に浅くリラックスできるダイビングをお探しですか?コーラル ガーデンは、フィリピンの驚くべき生物多様性をシュノーケリングやダイビングする絶好の機会です。コーラル ガーデンズ根の上は高さ約 15 メートルで、視認性が高く、多種多様なハードコーラルやソフトコーラル、数千ものキンギョハナダイ、ツノダシ、チョウチョウウオ、カエルアンコウ、タツノオトシゴなどが生息しています。
<24> Shark’s Cave
プエルト ガレラで最も美しいダイビング サイトの 1 つであるこのダイビング サイトは、かつてネムリブカが生息していた洞窟に由来してその名前が付けられ、現在では多くの種類のサンゴ礁の魚が生息しています。シャークス ケーブは、尾根と岩だらけの砂地で構成される緩やかなスロープで、水深27mの洞窟まで続いています。 。大きなイソバナがいたるところにあり、その中にはさまざまな種類のタコ、ツバメウオ、コショウダイ、カメがいます。
Drop Off
水深150mから地表までそびえ立つ2つの尖った根。根頭だけが見えていますが、完全にサンゴで覆われ、海洋生物が爆発的に生息しています。これはフィリピンで最高のダイビングの1つです。ここで最も注目すべき点は、信じられないほどの透明度と、流れが強いときの素晴らしい高速ドリフトです。頂上の南側は非常に深い垂直の壁で、高さ約10mの台地になっており、小さな尾根と興味深い岩石層があります。ここではすべてを見つけることができ、ドン深の海でイソマグロ、ギンガメアジ、エイを見つけてください。ドロップオフの壁では何千ものキンギョハナダイやチョウチョウウオの中に潜り、ハゼ、ミノカサゴ、ウツボ、フグ、スズメダイ、アナゴなどの他の魚が山盛りになっています。 オヤビッチャ、モンガラカワハギ、ウミウシ。
<22> Fish Bowl
フィッシュ ボウルは、プエルトガレラで最高のディープ ポイントの1つです。実際には水深は48mまで潜降します(Techダイバーには嬉しいポイント) が、ファンダイバーは最大水深20mで楽しみます。浅いところにはムチヤギなどのソフトコーラル、深いところにはハードコーラルの群生、ウミウチワなどが見られるリーフダイビングです。コショウダイ、レインボーランナー、ネムリブカ、マグロ、ギンガメアジなどの魚類が生息しています。青い海でのダイビングはリラックスできるダイビングですが、強い流れに乗るとエキサイティングダイビングにもなります。快適さのレベルを必ずガイドと共有してください。
Washing Machine
その名の通り、潮を間違えるとぐるぐる回ってしまいます!洗濯機の体験は引き潮の強い日(満潮から干潮の間の海面が下がる時間帯)がおすすめです。リラックスしたダイビングも可能です!3つのミニ渓谷があり、それぞれ素晴らしいサンゴ礁が形成されており、海底は約30m、根頭は約18mです。峡谷の間には、流れから身を守る魚や美しい生き物がたくさんいます。
⑪ Alma Jane/アルマ・ジェーン
アルマジェーンの沈船は2003年に沈没しました (約20年位前の古い沈船にも見えます)。元々はフィリピンの貨物船でしたが、現在では水深30mの砂地に直立する完璧な人工礁となっています。朝、ブイからロープに沿って舵まで下ると、コショウダイ、ツバメウオ、アイゴの群れが必ず見つかります。沈船のフチに沿って、大きなカサゴが溶け込もうとし、フグが船体の下に隠れようとします。上部の構造物は急速に崩壊していますが、無数のミノカサゴが残骸を残しています。
⑨ Big La Laguna
初心者でも入りやすいダイビングサイト。白い砂地が海底に広がり、気軽なダイビングを始めるのに最適な場所です。ビーチの両側には、砂地に沿ってハードコーラルとソフトコーラルの両方が生息するサンゴ礁エリアが続き、サンゴ礁との完璧な最初の出会いを演出します。 キンギョハナダイ、ブダイ、クロハギなどのサンゴ礁の魚が多く生息し、さまざまな種類のクマノミが生息する。多くの種類のクマノミが生息するこのサンゴ礁は、主にコエダミドリイシやアナサンゴモドキ、およびいくつかのテーブル サンゴで構成されています。ここはシュノーケリングにも最適なエリアです。砂の中をよく見てください。ヒラメ、エビとハゼ、フグ、海藻の中に隠れているヨウジウオ、ゴンズイの幼魚の群れ、その他多くの生き物があなたを失望させることはありません。運が良ければ、水深 12 メートルに横たわっている小型高速ボートの沈船に出会えるかもしれません。
⑲ West Escarceo/ウェスト・エスカーシオ
爽快なドリフトダイビングと、ゆっくりと写真撮影、どちらを選びますか?潮の流れが強い日には、中性浮力で飛行できるチャンスですが、それ以外の日には、あらゆるレベルに適した見どころがたくさんあるサンゴ礁が見つかります。この斜面に広がるサンゴ礁は、水深約5mのサンゴに覆われた大きな岩が点在するエリアから始まり、水深25mで砂地に変わり、そこではルリホシエイがよく見られます。より深いエリアには、ムチカラマツや、たくさんの亀裂や隙間であなたから隠れようとするアカモンガラがたくさんいます。ウエストエスカーシオにはカサゴやタコもとても沢山生息しており、どちらも身を隠すのに優れているので注意してください。ここでは常に大きなフグが見られ、大きなハタもよく見られます。流れのあるエスカーシオポイントに近づくにつれて、サバヒー、キハダマグロの稚魚、ギンガメアジ、フエフキダイなどの群れが見られる事が期待できます。
⑨ Laguna Point
ビッグ ララグナ ビーチとスモール ララグナ ディトの間の端には、非常に健全なサンゴ礁にトップが水深5m、下が15mミニドロップが広がっています。そこから水深20mまで見事なサンゴのスロープが続きます。壁には亀裂や隙間があり、クマノミのコロニーからカサゴ、ハタタテダイの群れ、アジアコショウダイ、イシモチ、モンガラカワハギ、ミノカサゴなど、驚くほど多様な海洋生物が生息しています。本物のカクレクマノミに注目してください。ここには数家族がいます。ここでは、ウツボやハナヒゲウツボだけでなく、多種多様なウミウシが見られます。高さ15~20mの間に、サンゴで覆われた2つの大きな丘があり、その間に砂の水路があり、カエルアンコウ、タコ、フエダイの群れ、そして大きなウミウチワを見つけるのに最適な場所です。
④ Giant Clams/ジャイアントクラム
このダイビング サイトはマック ダイビングに適しています。この場所は水深 6 メートルの浅瀬から始まり、そこでは幅 1.5 メートルに達するシャコ貝が、栄養豊富な水を静かに濾過して摂食しているのを見つけることができます。さらに深く泳ぎ、最終的には泥のような砂草の底にたどり着きます。そこでは毛深いカエルウオ、さまざまな種類のウミウシ、ミミックタコやワンダーパス、そして運が良ければ派手なコウイカが見られます。ナイトダイビングとして行うこともでき、そこで見ることができます。ミミックとワンダーパスが狩りに出てきます!
⑨ Small La Laguna
ラ・ラグーナ・ポイントの延長…ビッグ・ララグーナ・ビーチとスモール・ララグーナ・ディトの間の端に、非常に健全なサンゴ礁のある小さな壁が広がっています。標高 5 メートルから始まり、15 メートルまで下がり、そこで緑豊かなサンゴの斜面が 20 メートルまで続きます。壁には亀裂や隙間があり、クマノミのコロニーからカサゴ、カゲロウの群れ、コショウ、枢機卿の魚、モンガラカワハギ、隠れミノカサゴなど、驚くほど多様な海洋生物が生息しています。本物のカクレクマノミに注目してください。ここにはいくつかの家族連れがいます。ここでは、ウツボやブルーリボンウナギだけでなく、多種多様なウミウシが見られます。高さ 15 ~ 20 メートルの間には、サンゴで覆われた 2 つの大きな丘があり、その間に砂の水路があり、カエルウオ、タコ、フエダイの群れ、そして大きなウミウチワを見つけるのに最適な場所です。
⑤ The Hill
丘の頂上は水深 5 メートルにあり、サンゴ頭、海綿動物、大きな緑の木サンゴ、そしてソフトコーラルの生い茂った畑で覆われています。その後、最大 15 メートルまで全方向に下り坂になり、砂底には硬いサンゴが点在し、珍しい生き物を見つけるための適切な宝箱が現れます。ダイビング サイトは 3 つの島の間にあり、しっかりと保護されていますが、潮流が異なる場合は流れが非常に強くなる可能性があるため、必ずダイブ マスターに尋ねてください。そうしないと、ダイビング サイトを見逃す可能性があります。ここは、恥ずかしがり屋だけど美しいオシドリが生息するダイビングスポットのひとつです。彼らは夕暮れ頃にファイヤーサンゴの家から出てきて遊んだり、運が良ければ交尾したりすることもあります。ここでは、アオイカや派手なイカのほか、巨大なイカやたくさんのウツボが目撃されています。夕暮れ時にここに来ると、サンゴ礁の上を這うエビやカニ、そしてたくさんのクモヒトデが見つかるかもしれません。
⑯ Ernie’s Point/エルニスポイント
アーニーズ ポイントの名前は、かつてハタのアーニーが住んでいた高さ 21 メートルの小さな洞窟、アーニーズ ケーブに由来しています。アーニーは何年も前に移転しましたが、ダイビング サイトの名前はそのまま残されました。この小さな洞窟は大きな岩の露出部の底にあり、ウミウチワで飾られており、小さなハタがよく訪れます。洞窟の入り口の周りにある筒状の穴を探してください。大きなシャコがよくここに巣を作ります。さらに深い 27 メートルのところには、別の小さな洞窟があり、その周囲には豊富な海洋生物が生息しています。どの洞窟も侵入できるほど大きなものではありません。ここではアジの群れとサバの群れがよく見られます。大きな潮の変化時には強い横流(渦)に注意してください。
Ship Yard
とても特別なマックダイビングです。下りていくと、造船所の前で解体された多くの木造艋舺船の残骸に遭遇します。これらの難破船には見るべきものがたくさんありますが、それが目的ではありません。砂の上へ出発する時間です。最初は不毛の砂漠のように見えますが、あなたの目はいたるところに生命があることに気づき始めます。よく訓練されたガイドが同行する、見逃せないダイビングです。泥の中でよく目撃されるのは、カエルウオ、トゲトゲタツノオトシゴ、ミミックタコ、ワンダーパス、ホウボウ、ウミガ、太陽光発電ウミウシなどです。リストは続きます。造船所は、その短い歴史の中で、アンボンとライノピアのカサゴ、ボビットワーム、ホウボウなどの真の希少魚を目撃してきました。サイトが位置するエリアのせいで、視界が劇的に低下する可能性がありますが、目の焦点をまっすぐに合わせていれば、誰が気にする必要はありません。砂の上に落ちて!写真家の天国。
⑬ The Seagrass
サバン湾で非常に人気のある浅いダイビング。海草エリアは水深 3 ~ 8 メートルにあり、プエルト ガレラで最も壮観な生き物が隠れています。あらゆる種類のヨウジウオが草の中に隠れており、ウミガやホウボウがほぼ確実に見つかります。ヒラメやフグが海底で安らかに休んでいるほか、ドラゴネットやイカの稚魚もここを好みます。あらゆる種類の稚魚は海草の中で生活を始めることが多く、岩やサンゴの残骸の周りをよく観察すると、ミニサイズのミノカサゴやカサゴを見つけることができます。この地域のいくつかのイソギンチャクには、かなり攻撃的なサドルバッククマノミとその仲間のスリースポットダスキュラスが生息しています。ここには非常に大きなカメも生息しており、大きなナマコもいます。この地域にいる間、水に浮かぶバーの下を覗いてみると、そこにはビールのキャップだけではなく、さらに多くの幼鳥の繁殖地が見つかるでしょう。
① Odie’s Wall
高さ約 42 メートルまで緩やかに傾斜している岩壁は、深い紫色から明るいオレンジ色までの多数の大きなゴルゴニアン ウミウチワで覆われています。壁に沿った小さな穴や亀裂には数千匹のアカモンガラが生息しており、フォーク状の尾だけが見えています。多くの異なるウミウシが壁に沿って這い、シャコがあなたから隠れようとしているのを見つけることができ、多くの海綿体の 1 つに座っている巨大なカエルウオに遭遇する可能性が非常に高くなります。壁の上には非常に大きな黒サンゴの木が生えており、チョウチョウウオやタイマイ科の魚が隠れ家となっています。ここではタコやイカもよく見られ、ツノダマやカミソリウオの群れ、運が良ければエンペラーエンゼルフィッシュも見られるかもしれません。流れが弱い場合は、岸に向かってゆっくりとフィンを動かしてダイビングを終了し、ファイアウニがいる平坦な地形や、時折現れるバレルスポンジを通り過ぎて、最終的に浅いサンゴ礁に到達するまで泳ぎます。それにしても長い泳ぎですね!これはナイトロックスでの素晴らしいダイビングです。
⑧ Dry Dock/ドライドック
ドライドックは、人工のサンゴ礁を作るために 1998 年に沈められた、鋼鉄と合板の大きな構造物です。現在ではサンゴと色鮮やかなウミウチワで完全に覆われ、コショウダイ、バットフィッシュ、クロハギ、ハタ、フエダイなどの大型のサンゴ礁の魚の生息地となっています。構造物の頂上に留まると、多くのミノカサゴがそこを住処としていることがわかります。大きなフグやハリセンボンが鉄塔の間に隠れており、さまざまな種類のウミウシやヒラタムシがかつての波止場の足を飾っています。この建設物は小さなサンゴ礁の尾根に隣接しており、そこではタコ、ピグミータツノオトシゴ、クマノミのコロニーが見られます。 。波止場に長く滞在しなければ、少し泳ぐだけで砂底を通り抜け、ララグナ ポイントのサンゴ礁まで行くことができます。 25 m の青い海を底まで降下する必要があり、時折激しい流れがあるため、ドライ ドックは初心者向けのダイビングではありません。しかし、ナイトロックスにとっては素晴らしいダイビングです。
⑦ Batangas Channel
そして、右潮での優れた浅いドリフトダイビング。このダイビング サイトには、珍しい海綿体やサンゴの地層が数多くあり、ねじれた形と起伏のある平原からなる奇妙な月の風景が見られます。通り過ぎると、あらゆる自然の色だけでなく、いくつかの不自然な色をした大きな海綿を見ることができます。緑の木サンゴやテーブルサンゴで飾られたいくつかの岩層は、その下に何かが隠れそうな大きなキノコを思い出させます。ダイビングは引き潮のときに行うのが最適で、水路の口の浅瀬にドロップし、その後海岸に沿って穏やかに漂います。外海に向かって最大15m。珍しい生き物を見つけたり、ヨウジウオ、ウミウシ、カエルウオのほか、多種多様な小さなサンゴ礁の魚を観察するのに最適な場所です。
<31> Boulders
名前が示すように、このダイビング サイトの底は砂と砂利で、高さ 5 ~ 30 メートルの大きな岩が重なり合っています。この地層は海洋生物にとって信じられないほどの隠れ場所を作り出します。ここではタツノオトシゴ、タコ、イカ、アジ、サバ、ミノカサゴ、カエルウオ、カサゴなどがよく見られます。


■下記↓LLVのDive Sitesのページを元に(翻訳して)作成しました。


ヴェルディ島ツアー

プエルトガレラから高速ボートで約30分のところにあるヴェルデ島(Marine protected area)は、ギンガメアジやキンギョハナダイなどの濃い魚影が楽しめるダイビングポイント。ダイビングとお昼のバーベキューランチ♪プエルトガレラに来られたらぜひ行っていただきたいオプションです。
(別途ツアー料金が掛かります)



ダイビング料金-LLV宿泊の場合-

ご自分のペースや、その日の体調でフレキシブルに参加していただけます。
「ダイビングのスケジュール*」は日中最大4ダイブまで、更にナイトダイビングも 年中可能 です。

*8:00、10:30、13:30、15:30、ナイトダイビング

ファンダイビング(空気)PHP1,700-/1本
ファンダイビング(ナイトロックス)はPHP2,200-/1本


詳細は↓コチラからご覧ください。


プエルトガレラ・アポリーフ地図
プエルトガレラ・アポリーフ地図

お申し込み、お問合せ

マニラ空港から現地までの移動、現地での日本語によるお客様へのアドバイスも、お任せください。

LLV宿泊を、正規代理店・LLVジャパンを通してご予約いただいたお客様へは、以下の「安心・快適」特典をご用意しています♪


  • マニラ空港から現地への送迎手配
    (バンチャーター、プライベートボート、ツアーガイドなど)
  • 日本人インストラクターによる各種ダイビング講習・ファンダイブガイド
    (オープンウォーター、体験ダイビング、ナイトロックス講習、リフレッシュコースなど)
  • ファンダイブ料金の特別割引♪
    (ララグーナヴィラス以外にご宿泊の場合はLLV Divers通常料金になります)
  • 悪天候によるフェリー欠航時、病気や怪我など、お困りの際の日本語での無料でのご相談
    (通院のお手伝い、カラパン港までの車の手配、送迎ガイドの派遣などは、有料サービスになります)
  • 同一カテゴリーのお部屋の中から、ダイブショップに近く、ご希望に沿ったお部屋をご用意します。
    (バルコニー付、ツインベット使用が可能な部屋、喫煙スペースの有無など)
  • チェックイン・チェックアウト時の、サバン桟橋からリゾート前のビーチへの無料シャトルボート
  • 無料アーリーチェックイン、無料レイトチェックアウト(空室状況に余裕が有る場合)
  • 毎日、1kgまでの無料ランドリーサービス
  • 他のBookingサイトなどで後から加算される「サービスチャージ」などの不明瞭な追加料金は、ありません。


アゴダやエクスペディアなどのホテル予約サイト経由でご予約いただくと、上記サービスが提供出来なくなります。
ご注意下さい。

お見積もり・ご予約・ご質問はメールフォーム or お電話でお気軽に。





2024年 4/4~4/12、4/26~4/30、5/11~5/15、8月20日頃~9/18 栗原は、プエルトガレラを留守にします。
詳しくは、 「プエルトガレラ日本人スタッフ不在のお知らせ」 でご確認下さい。